貸借対照表の読み方

貸借対照表の読み方記事一覧

貸借対照表を分類してみる

[要点整理]・貸借対照表は、資産の部、負債の部、資本の部の3つに分類してから表示します。

≫続きを読む

 

資産の部の分類について

[要点整理]・流動資産、固定資産、繰延資産に分類します。・さらに固定資産を有形固定資産、無形固定資産、投資等に分類します。

≫続きを読む

 

負債の部・資本の部の分類は?

[要点整理]・負債の部も資産の部と同じように分類されます。・資本の部は3つに分類されます。

≫続きを読む

 

資産の部について

[要点整理]・資産の部には、「流動資産」「固定資産」「繰延資産」が表示されています。・貸借対照表の左側は、資本の運用形態とも呼ばれています。

≫続きを読む

 

固定資産の部はここを読む

[要点整理]・固定資産は、なかなか現金化されない資産です。・固定資産がどのようなもので担保されているかを読みとると会社の健康状態がわかります。

≫続きを読む

 

流動資産はここを読む

[要点整理]・流動資産のうちでも特に需要なのは、「当座資産」です。・運転資金のバランスがとれているかどうかは、当座資産と流動負債をみて判断します。

≫続きを読む

 

なぜ、1年以上現金化されない売掛金が流動資産なのか

[要点整理]・貸借対照表の「流動」「固定」の分類は、1年基準(ワン・イヤー・ルール)と正常営業循環基準の2つのルールが適用されています。・正常営業循環基準は、「売掛金」「たな卸資産」などに適用されます。

≫続きを読む

 

流動資産の注意点

[要点整理]・売掛金や受取手形の中に不良債権がないかに注意しましょう。・商品や製品の中に滞留在庫になっているものがないか注意しましょう。・株やなどの有価証券に多額の含み損がないか注意しましょう。

≫続きを読む

 

固定比率とは?

[要点整理]・固定比率は、固定資産がどれだけ自己資本でまかなわれているかを表す指標です。・100%未満であれば、すべてを自己資本でまかなっていることになるので、財務は安全性が高いといえます。

≫続きを読む

 

固定比率の目安と意味、計算式|限界利益と限界利益率

固定比率の目安と意味、固定比率の計算式は?会社の安全性を見る指標として自己資本比率がありますが、それ以外の重要な指標もあります。その中でも、特に流動比率と固定比率は重要です。【参考】固定比率とは?(計算式)■流動比率=流動資産÷流動負債■固定比率=固定資産÷純資産     貸借対照表――――――――...

≫続きを読む

 

引当金で会社の健全性を判断する

[要点整理]・引当金は万が一のときの費用をあらかじめ積んでおくものです。・引当金を多く積んでいる方が、決算内容としては健全性が増します。

≫続きを読む

 

固定資産長期適合率とは?

[要点整理]・固定資産長期適合率=固定資産÷(自己資本+固定負債)・原則として、固定資産長期適合率は100%未満でないと危険です。

≫続きを読む

 

正味運転資本とは?

[要点整理]・正味運転資本=売上債権+たな卸資産−仕入債務・正味運転資本は、会社が日々活動するために必要な運転資本のことです。

≫続きを読む

 

総資本増加率・自己資本増加率とは?

[要点整理]・総資本増加率=(当年度総資本−前年度総資本)÷前年度総資本・自己資本増加率=(当年度自己資本−前年度自己資本)÷前年度自己資本

≫続きを読む

 

自己資本回転率とは?

[要点整理]・自己資本回転率=売上高÷自己資本・自己資本回転率は、自己資本利益率(ROE)、売上高当期純利益率、自己資本増加率などと併用して利用します。

≫続きを読む

 

棚卸資産回転率とは?

[要点整理]・棚卸資産回転率=売上高÷棚卸資産・棚卸資産回転率は、棚卸資産がどれくらい効率的に販売されているかを見る指標です。

≫続きを読む