総資本経常利益率(ROA)とは?

[要点整理]

 

・ROA会社の総合的な収益力を判断する指標です。
・最低でも5%、理想は10%です。

【スポンサーリンク】

総資本経常利益率(ROA)とは

どのようなもの?

 

総資本経常利益率は、
ROA(Return on Asset)とも呼ばれていて、
企業を総合的な収益力を判断するための指標として使われます。

 

より具体的には、
経常利益を総資本(自己資本+他人資本(負債))で割ったものです。

 

これによって得た比率は、
会社として投下した資本が
どれだけの利回りを得たかを表します。

 

株主としては、銀行預金の利息よりも
高い利回りを期待しているのが通常ですし、

 

銀行から融資を受けている会社なら、
銀行への借入の金利を上回っていなければ
事業として成り立たないことになってしまいます。

 

なので、この比率の目安としては最低でも5%、
理想は10%以上ということになります。

総資本経常利益率(ROA)で

企業間比較を行う場合は?

 

総資本経常利益率(ROA)を用いると、
会社の規模や資本構成に関係なく、
会社の収益性を判断することができます。

 

ただし、総資本経常利益率というのは、
各産業によって粗利益率が異なっていますので、

 

企業間比較を行う場合には、
できるだけ同業種で
業態も似ているもの同士で行うのがよいでしょう。

 

【スポンサーリンク】

総資本経常利益率(ROA)が

低い会社はどうしたらいいの?

 

総資本経常利益率が低い原因としては、
まずそもそも分子の経常利益が
少ないのではないかということが考えられます。

 

なので、
利益をあげる手段を考えていかなければなりません。

 

利益が低い原因としては、
販売価格が低いことがあげられますが、
これは、ブランド力、販売力、商品やサービスへの魅力に
その要因があるのかもしれません。

 

他方、利益だけでなく
分母の総資本に原因があることも考えられます。

 

遊休資産や滞留在庫など、
不必要な資産を持ちすぎている場合には、
総資本の金額が大きくなりますので、
総資本経常利益率(ROA)は低くなってしまいます。

 

総資本が総資本経常利益率が低い要因の場合には、
遊休資産を売却したり
借入金を返済したりと、
総資本を小さくする努力が必要です。

 

【スポンサーリンク】