キャッシュフロー計算書の読み方

キャッシュフロー計算書の読み方記事一覧

キャッシュフロー計算書とは?

[要点整理]・キャッシュフロー計算書は、会社が使えるお金がどれだけあるかを知ることができる計算書のことです。・貸借対照表や損益計算書でいくら利益がでていても、キャッシュが不足すれば倒産しますので、重要な計算書といえます。

≫続きを読む

 

キャッシュフロー計算書から何がわかる?

[要点整理]・損益計算書の利益が、本当に儲けになっているのかがわかります。・株式投資をしている方の場合は、粉飾決算が見抜けます。

≫続きを読む

 

営業活動によるキャッシュフローとは?

[要点整理]・営業活動によるキャッシュフローは、実際の営業活動によって稼いだお金を計算する区分です。・営業活動によるキャッシュフローは、多ければ多いほどよいです。

≫続きを読む

 

投資活動によるキャッシュフローとは?

[要点整理]・投資活動によるキャッシュフローは、営業活動のための設備投資、その他投資、融資に関するキャッシュの増減をまとめたものです。・投資活動によるキャッシュフローは、マイナスの方がいいです。

≫続きを読む

 

財務活動によるキャッシュフローとは?

[要点整理]・財務活動によるキャッシュフローは、資金調達、借入返済、社債の償還などの財務関係のキャッシュフローを計算する区分です。・この区分は、基本的にはマイナスの方がよいでしょう。

≫続きを読む

 

営業活動によるキャッシュフローがプラスの会社

[要点整理]・プラスが大きければ会社の儲けは大きいと考えます。・ポイントは営業活動によるキャッシュフローの大きさになります。

≫続きを読む

 

営業活動によるキャッシュフローがマイナスの会社

[要点整理]・現在の事業がうまくいっていないことが伺えます。・会社の利益が小さいので、事業としての収益構造にも問題ありの会社です。

≫続きを読む

 

フリーキャッシュフローとは?

[要点整理]・フリーキャッシュフロー=営業キャッシュフロー+投資キャッシュフロー・フリーキャッシュフローというのは、会社が自由に使えるお金のことです。

≫続きを読む