財務活動によるキャッシュフローとは?

[要点整理]

 

・財務活動によるキャッシュフローは、資金調達、借入返済、社債の償還などの財務関係のキャッシュフローを計算する区分です。
・この区分は、基本的にはマイナスの方がよいでしょう。

 

財務活動によるキャッシュフローとは

どのようなもの?

 

財務活動によるキャッシュフローは、借入や増資、社債の発行など企業の資金調達や、借入の返済や社債の償還、配当金の支払など、財務に関するキャッシュフローを計算する区分です。

 

スポンサーリンク

 

 

金融機関からお金を借りるとキャッシュが増えるので、ここでのキャッシュフローはプラスになります。また、借入金を返済、社債を償還したり、配当を支払えば、キャッシュが出て行くので、ここでのキャッシュフローはマイナスになります。無借金経営をしていれば、ここは配当金の支払いくらいしかないかもしれません。

 

よって、財務活動によるキャッシュフローが総額でプラスだと、資金調達をしているということができます。

 

 

財務活動によるキャッシュフローは

マイナスの方がいい?

 

本業のキャッシュフローである営業活動によるキャッシュフローがプラスで、これによって投資したり配当を支払ったりできれば、資金調達する必要はないはずですから、ここのキャッシュフローはマイナスになります。

 

他方、事業拡張のために工場を建設したり、M&Aを行ったりする際に、営業活動によるキャッシュフローや手元資金では不足するする場合には、金融機関からお金を借りたり、社債を発行したりしますが、そのときにはここのキャッシュフローはプラスになります。

 

基本的には、財務活動によるキャッシュフローはマイナスの方がいいとは思いますが、ここぞというときの投資もあるでしょうから、その場合には営業活動によるキャッシュフローとの比較でここの数字を見るとよいでしょう。

 

通常、営業活動によるキャッシュフローよりも財務活動によるキャッシュフローが大きければ、
新規の資金需要があるんだな、と推測します。

 

スポンサーリンク