営業活動によるキャッシュフローがプラスの会社

[要点整理]

 

・プラスが大きければ会社の儲けは大きいと考えます。
・ポイントは営業活動によるキャッシュフローの大きさになります。

 

プラス・マイナス・マイナスの会社は

どんな会社といえますか?

 

キャッシュフロー計算書の営業活動によるキャッシュフローがプラス、投資活動によるキャッシュフローがマイナス、財務活動によるキャッシュフローがマイナスの会社は、営業活動によるキャッシュフローのプラスがかなり大きいようであれば、優良企業といえるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

 

営業活動によるキャッシュフローのプラスが大きいということは、それだけ会社の儲けが大きいということですし、事業としての収益構造も健全であるといえます。

 

また、将来の投資に積極的であれば、投資活動によるキャッシュフローはマイナスになり、資金が潤沢で金融機関などからの調達の必要もなければ、財務活動によるキャッシュフローも当然マイナスになります。

 

 

プラス・マイナス・プラスの会社は?

 

キャッシュフロー計算書の営業活動によるキャッシュフローがプラスということは、とりあえず、今の事業は順調といってよいでしょう。

 

また、投資活動によるキャッシュフローがマイナスということなので、投資に積極的な企業ということが伺えますが、財務活動によるキャッシュフローがマイナスなので、手許にある資金だけでは足りず、新たに資金を調達しているということがわかります。

 

 

プラス・プラス・マイナスの会社は?

 

キャッシュフロー計算書の営業活動によるキャッシュフローがプラスなので、今の事業で儲けはでているのですが、投資活動によるキャッシュフローがプラスということなので、投資した資産を売却したり財務体質の改善を行っていることがわかります。

 

財務活動によるキャッシュフローがマイナスなのも、借入金の返済などでキャッシュが出て行っているということが伺えます。

 

スポンサーリンク