企業の財務安全性を分析する比率

 

 

流動比率とはどのようなもの?

 

 

流動比率は、次のような式によって求める比率です。この比率は、会社の財務安全性を判断する代表的なものです。具体的には、短期的に返済が必要な流動負債が、短期的に換金可能な流動資産でどれだけまかなわれているかがわかります。

 

当然ですが、比率が高いほど安全性は高いといえます。これはおおよその目安ですが、大体2倍くらいあれば理想的ですが、110%をきるとあぶないといえるでしょう。

 

 

当座比率とはどのようなもの?

 

当座比率の場合は流動比率よりもさらに厳しく財務安全性を判断します。式は次のとおりです。

 

⇒ 当座比率=当座資産/流動負債

 

この比率は、流動資産の中でも特に現金預金や短期金銭債権等といった、即時換金性の高い資産で、どの程度流動負債をまかなえているのかを明らかにしてくれますので、より厳密に企業の財務安全性が判断できます。

 

おおよその目安としてですが、理想としては80%〜100%、大企業平均値で60%〜80%位、中小企業平均値で100%〜120%位でしょう。

 

スポンサーリンク