自己資本当期利益率(ROE)とは?

[要点整理]

 

・自己資本当期利益率(ROE)は、当期利益を自己資本で割った比率です。
・自己資本当期利益率(ROE)は、どれくらい自己資本を使ってどれくらい儲けられたかを表します。

 

自己資本当期利益率(ROE)とは

どのようなもの?

 

自己資本当期利益率(ROE=Return on Equityの略称です)は、当期利益を自己資本で割って求めます。これは、株主資本からみた収益性を判断する指標です。簡単に言えば、株主持分に対してどれだけの見返りがあるか、株主からのお金でどれだけ儲けられたかを表しています。

 

スポンサーリンク

 

 

株主が投資した金額の利回りを見るための指標なので、その利益も、株主持分が増加した部分である当期利益が使用されます。この当期利益というのは、経常利益に特別損益を加減した税引前利益から、さらに法人税および住民税を控除した税引後利益のことを指しています。

 

 

自己資本当期利益率(ROE)の

目安はどれくらい?

 

自己資本当期利益率(ROE)は、株主にとって、投資した金額の利回りですから高ければ高いほどよいのはいうまでもありません。

 

ただし、レバレッジ(テコの原理)を利用して、借入金を多くして自己資本に対する収益率をあげている会社の場合には注意が必要です。その場合にも自己資本当期利益率(ROE)は高く算出されてしまうからです。

 

たとえ自己資本当期利益率(ROE)が高くても、借入比率が高い会社は、長期的に見て財務的な安定性に欠けることになります。また、利益を見る際には、特別損益をよく見るようにしてください。これらの損益が大きい場合、指標が大きくぶれることもあるからです。

 

スポンサーリンク