一株当たり当期純利益(EPS)とは?

[要点整理]

 

・一株当たり当期純利益(EPS)=当期純利益÷発行済株式総数
・一株当たり当期純利益(EPS)は、会社の株価が高すぎる、あるいは安すぎるのかを判断する指標です。

 

一株当たり当期純利益(EPS)とは

どのようなもの?

 

一株当たり当期純利益(EPS)は、当期純利益を発行済株式数で割って求めるものですが、これは株価分析の基礎になる数値です。

 

上場会社では、1株当たり株価が問題になるので、1株当たり純利益が伸びると予想されれば株価が上がります。また、株価は長期的には、一株当たり当期純利益(EPS)に連動するといわれていますので、あらかじめ1株当たり利益が上がると予想できる会社の株式を購入すれば、キャピタルゲインが得られる可能性があります。

 

スポンサーリンク

 

 

一株当たり当期純利益(EPS)の

読み方は?

 

一株当たり当期純利益(EPS)は、単純に会社の利益が上がれば高くなるというものでもありません。

 

数式から見てわかるように、分子の会社の純利益が増えても、分母の会社の発行済株式数が増えれば、一株当たり当期純利益(EPS)は下がってしまうからです。発行済株式数が増える場合には、たとえば、増資、第三者割当、株式交換、ストックオプション、株式交換、株式移転などがあります。

 

これらが行われる場合には、それ以上の会社の利益がないと、一株当たり当期純利益(EPS)は、下がってしまうことになります。こういった短期の状況については有価証券報告書に記載されていますので、よく見ておくようにしましょう。

 

また、当期純利益というのは過去のデータですので、決算予測データも確認し、決算予測と比較した一株当たり当期純利益(EPS)も把握しておくようにしましょう。

 

 

株価収益率(PER)について

 

一株当たり当期純利益(EPS)は、株価収益率(PER)のデータとしても利用されます。この株価収益率(PER)というのは、株価が割安か割高かを利益の面から分析する指標です。

 

スポンサーリンク