インタレスト・カバレッジ・レシオとは?

[要点整理]

 

・インタレスト・カバレッジ・レシオ=(営業利益+受取利息及び配当金)÷支払利息
・インタレスト・カバレッジ・レシオは、企業の有利子負債の利払能力を表します。

 

インタレスト・カバレッジ・レシオとは

どのようなもの?

 

インタレスト・カバレッジ・レシオというのは、営業利益に受取利息と受取配当金を足したものを支払利息割引料等で割ったもののことです。この指標から、営業利益が支払利息の何倍かということがわかりますので、企業の支払利息の支払能力を判断する際に利用します。

 

一般的には、金融機関(銀行等)が企業にお金を貸す際などに参考にする指標です。企業としてはお金を借りたくても、営業利益を超える利息を払っていくことはできないと考えられますので、企業の金利負担を判断・分析する上でとても重要な指標といえます。

 

インタレスト・カバレッジ・レシオは

どう読むの?

 

インタレスト・カバレッジ・レシオは、営業利益が支払利息の何倍かを見る指標です。

 

この倍率が『1』ということは、受取利息がない場合、営業利益と支払利息が等しいということがいえますので、追加の借入の余裕は全くないと考えてよいでしょう。また、1倍を切っている場合は、現状では借入どころではなく利払すらできない状況といえます。

 

インタレスト・カバレッジ・レシオの倍率を上げるには、営業利益を上げる、すなわち業績を上げるのが一番ですが、遊休資産などを売却して借入金を返済することによっても、実質的にインタレスト・カバレッジ・レシオを上げることができます。

 

目安としては、10以上が理想的、1以下だと危険領域といった感じです。

 

スポンサーリンク

 

 

インタレスト・カバレッジ・レシオで

会社の裏側がわかる!

 

インタレスト・カバレッジ・レシオというのは、ICRと呼ばれることもあるのですが、要するに安全性の指標です。○○倍で表現されます。

 

で、ICRが何なのかというのは少し置いておいて、まずこのインタレスト・カバレッジ・レシオというのは、数字が大きければ大きいほど良いということを覚えておいてください。

 

というのも、このインタレスト・カバレッジ・レシオというのは、借金の利息に対して稼いでいる収益、つまり、利益が何倍かという指標なので、計算は次のように計算されます。

 

●営業利益÷支払利息

 

要はこのインタレスト・カバレッジ・レシオが1倍という状況があった場合、これはどういうことかといいますと、借金の利息のお金と稼いでいるお金が一緒ということです。

 

なので、1倍であれば、実は借金の元金が減っていないことになるのです。これはヤバい!です。

 

ですから、インタレスト・カバレッジ・レシオというのは、10倍以上が理想と言われています。20倍以上ならかなり理想的、優良と言われています。

 

前述のように、1倍以下の状態が続くというのは、元金も減っていないかなりまずい状態なので、銀行などからお金を借り入れるのが難しい状況と言えます。

 

すでに泥沼に陥っていると言っても過言ではありません。ですから、どちらかというと、自転車操業かどうかを見定める安全の指標というように捉える方も多いです。

 

ただ、反対に自転車操業の会社であった場合、誰がその会社の資金を支えているかという部分まで一歩踏み込んで分析をすると、その会社独自の裏事情に触れることができる可能性があります。

 

というのは、嫌々ながらも資金面を支えなければいけない例えばA社という取引先があったとしたら、どういうパワーバランスなのかという部分も調べるきっかけにもなるからです。

 

また、誰が支えているわけでもなく、その会社が独自の工夫で資金面を支えているということであれば、その会社独自のノウハウがどういうものなのか、どういう風にやっているかという部分で、例えば、訴訟をたくさんして勝って借金を踏み倒したりだとか、訴訟に強い会社なのだなとわかったりもします。

 

さらに、どうして借金を踏み倒せるのかというのも理解すると、その会社がなぜ今の状況に陥っているのかという歴史を探るきっかけになったりもします。

 

なので、裏事情がわかるという意味でも、このインタレスト・カバレッジ・レシオは非常に重要な指標になると思います。

 

スポンサーリンク