株価純資産倍率(PBR)とは?

[要点整理]

 

・株価純資産倍率(PBR) = 株価 ÷ 1株当たり当期純利益(BPS)
・株価純資産倍率(PBR)は、会社の財政状態と比べて株価が割安か割高かが判断できます。

 

株価純資産倍率(PBR)とは

どのようなもの?

 

株価純資産倍率(PBR)は、株価を1株当たり当期純利益(BPS)で割ったもので、株価が企業の財産に対して割安か割高かを分析する指標です。

 

株価純資産倍率(PBR)を使うと、企業間比較などを行う際、会社の規模に関係なく純資産と株価の分析が簡単にできます。また、株価純資産倍率(PBR)を会社間で比較するによって、財産面における割安感・割高感を効率的に判断できます。

 

 

株価純資産倍率(PBR)の目安は

どれくらい?

 

株価純資産倍率(PBR)が1倍ということは、1株当たり当期純利益(BPS)と株価が同じということを意味します。これは株価の下値の目安になります。

 

株価純資産倍率(PBR)は、倍率が大きいとそれだけ株価が割高であり、倍率が小さいほど株価が割安であることを示します。

 

株価純資産倍率(PBR)が低い会社は、どちらかといえば成長がゆったりした安定企業(成熟企業)で、株価純資産倍率(PBR)が高い企業は、成長期にある企業(成長企業)が多いようです。

 

株価純資産倍率(PBR)が1倍以下の企業は、業績不振の場合が多いので、他の指標や企業間比較を含め注意深く分析することが重要です。

 

スポンサーリンク